« 2019年4月29日 (月) | トップページ | 2019年5月 1日 (水) »

2019年4月30日 (火)

2019年4月30日 (火)

ECG-314:70才代女性。心房細動で、急性脳塞栓症でした

Web_1

https://heart2019ecg.hatenablog.com

 

   70才代女性です。慢性心房細動で、(弱めの)抗凝固療法中でした。

 

 本邦の抗凝固療法の大きな問題に、アンダードーズがあります。打撲歴があったり、硬膜下血腫歴があったりすると、ついつい弱気になって、アンダードーズしちゃうことがあるんです。ワルファリンでも、DOACsでも。

 突然発症の心原性脳塞栓症で、入院管理となりました。当院初回入院です。

 

(3年前の洞調律時の心電図)

* パーキンソン病によるtremorで、筋電図除去困難でした。

Ecg31413web

 クリックすると、心電図が拡大します

 

 

(今回の入院時の心電図 X day・右半身麻痺あり,下腿優位) 

Ecg3142embolismweb

クリックすると、心電図が拡大します

 

 

(頭部MRI:入院時)

 Ecg3144mriweb

左中大脳動脈での血栓吸引術が施行されました。

 

 

 ところが、X+1dayの早朝に、モニター心電図のST上昇が起きました。患者さんは、症状を訴えることが出来ません。看護判断で、12誘導心電図が記録されました。早朝カンファのために、早めに病棟に顔を出したあなたが、捕捉されました。

「(研修医の)先生、12誘導心電図を今撮りました。ご決断を(はやく指示してください!!)」

 

 

Question:主治医でも担当医でも無いんですけど、院内急変です。

      どうされますか?(診断と次の行動を)

Ecg3143acsweb

クリックすると、心電図が拡大します

 

 

« 2019年4月29日 (月) | トップページ | 2019年5月 1日 (水) »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ
フォト