« ECG-279:answer | トップページ | ECG-280:answer »

2018年4月28日 (土)

ECG-280:80才代男性。インフルエンザで高熱でした。

   80才代男性です。

   季節外れのインフルエンザでした。流行期が過ぎつつあるのに、罹患する患者さんいますよね。基本的には、在宅管理ですが、肺炎合併/ハイリスクの基礎疾患(この方はCOPD)があれば、入院個室管理となります。

   頻呼吸・脱水状態・39.8℃の熱発状態でした。

   入院時心電図です。あらら、困りましたね。

Question:入院時の心電図診断です。たまたまです。

  これを見て、その後の対応はどうしましょうか?


Ecg2801erweb

クリックすると、ECGが拡大します。


.

.

.

2015_9_27_2

« ECG-279:answer | トップページ | ECG-280:answer »

ECG ライブラリー [1]」カテゴリの記事

コメント

初めまして、いつもブログ拝見しています。
ご指導いただきたい心電図があります…
初歩的で、勉強不足な内容かもしれませんが教えていただけたらと思います。

既往
直腸がん(肝転移、数回の切除ののち現在は積極的な治療をせず、緩和ケア中)、腹水貯留

血液データ
CK上昇(200ちょっと)、心筋マーカー類は採血されていませんでした。

心電図(前回と比較して)
low voltage,V1V2を除いて平坦化または陰転がみられ、
虚血、(がなくても)、胸水があるのかなとおもい、、
循環器コンサルがあった場合を考え、上司に報告したのですが、上司には水がたまってるからそのままでいいよ、と言われました。
がんによる腹水貯留などによる心電図の変化?でスルーしてよかった理由を教えていただきたいです。(上司があまり教えてくれる人ではなく、、、お答えいただけたらと思います。よろしくお願いします。)

 ぴよまる様。
 ご返事が、遅くなり申し訳ございません。
 以前、(Low Vlotageを気にしない)とのUpをさせて頂きました。
 胸水・心のう液・皮下浮腫あると、心筋と胸部電極の距離が遠くなるので、Low voltageは理解可能ですね。でも、低電位になるか否かは、個体差が大きいので、気付き以上にはなりません。比較して、やっと低電位に理解出来る事が多いです。
 低K血症がない前提ですが、その変化の原因評価として、ちょい当て心エコーはやっても良いと思います。心のう液貯留が発生していないか、は除外してよいでしょう。後は、そのT波陰転が肺塞栓の所見であれば、右心系拡大が認められるかもしれません。
 ただ、特に患者さんが困っていないならば、経過観察も有りだと思います。実際の波形を見て、スルーするかちょっと深く精査するかは、決まりそうです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ECG-280:80才代男性。インフルエンザで高熱でした。:

« ECG-279:answer | トップページ | ECG-280:answer »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ
フォト