« 【コラム-052】(番外編)NYHA心機能分類 | トップページ | 【コラム-054】(番外編)LOWN分類 »

2014年11月15日 (土)

【コラム-053】(番外編)クリニカルシナリオを知っておく

 すでに、常識化されたクリニカルシナリオ(CS)のお復習いです。

  ここで、初めて知った・またはやっと理解したした方は、もっときちんとした書籍・websiteで、学び直して下さいね。
.
  急性心不全は、その病態生理を複雑に考えるよりも、ERでは血圧で対応を考えましょう、と云う提案です。
.
  ぐずぐずするな!血圧値で反応するんだ!!
.
  と云うには、理由があります。
.

Csoptimizehf

.

  急性心不全は、搬入時の血圧が低いほど、死亡率が高い。血圧すら維持できないほど、弱った心臓疾患なんですね。逆に、血圧が高い(=血圧を上げる力が残っている)症例では、治療がやりやすいし、効果的なんです。

.

 でも、のんびりしてはいけないんです。

  サッサと治療しましょう!!と云うのも、CSの教えです。

.

Cs

.

 ERで、うだうだ考えずに、初手は血圧で決めてしまいます。

  (但し、最初の90分の対応です。その間に、きちんと病態生理を考慮します)

.

Cs_2

.

 血圧さえ有れば、血管拡張と酸素投与です。NIPPVを迷わないのも、大切です。

.

 付け加えるに、各々のシナリオの病態は、大雑把に、以下の様になります。

.

Cs_3

.

  もちろん、ここから各論が生じます。

  高血圧性心不全の場合には?

  ARの心不全の場合には?

  DCMの心不全の場合には?

.

 でも、まず血圧を指標に治療を開始して下さい。秒を争う気持ちで、患者さんの酸素化を優先することが、予後を決定するのですから。

.

 心電図をゆっくり判読するのは、心不全治療を開始してからですよ!!

.

.

.

.

.

.

« 【コラム-052】(番外編)NYHA心機能分類 | トップページ | 【コラム-054】(番外編)LOWN分類 »

ECG コラム」カテゴリの記事

コメント

Cardio2012様

いきなりのコメントを失礼いたします。
クリニカルシナリオに関するブログを拝読させていただきました。
大変勉強になりました。
僕は診療看護師として勤務しているんですが、ブログ内容の資料をレクチャーに使用させていただくことは可能でしょうか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【コラム-053】(番外編)クリニカルシナリオを知っておく:

« 【コラム-052】(番外編)NYHA心機能分類 | トップページ | 【コラム-054】(番外編)LOWN分類 »

2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ
フォト