2017年12月10日 (日)

ECG263:80才代女性。Low Voltageを悩みました(-_-;*)。

  80才代女性です。咳と胸部不快感を訴えて、搬入されました。

   Low Voltageを、あんまり悩まないで下さいと云ったのは、ハイ私です。でも、この症例は、とっても悩んでしまいました。。

  胸部レントゲンを参照しながら、皆さんも悩んで下さい。

.

.

.

Question:心電図診断を、お願いします。胸部レントゲンも供覧します。 

Ecg2631er12lowvoltageweb

クリックすると、ECGが拡大します。

.

.

.

.

ERでの胸部レントゲン)

Ecg2632erweb

.

.

.

.

.


2017年12月 3日 (日)

ECG-262:answer

 60才代男性で、極度のうっ血性心不全でのER搬入でした。

.   お酒大好きさんが、時々DCM様の心機能となって搬入されます。       アルコール性心筋症(Alcoholic cardiomyopathy)です。大酒家がDCM様の左室心筋障害を起こして、他に原因が見つからない場合に、こう呼ばれることがあります。断酒で、心機能が改善することがあります。まだ初期の内は。
.
.
   1年後の心電図です。

Ecg26241web

  洞調律です。

  高電位です、ST-T変化を伴い、普通は左室肥大と診断しますね。

.

.

  冠動脈造影では、問題を認めていません。

Ecg2625web

.

. 

急性期と慢性期の心電図/胸部レントゲンを比較してみましょう。

Ecg2626web

  胸部レントゲンでは、明らかな肺野のうっ血と大量の胸水を、(at ER)で認めます。心陰影もぼやけています。1年後の慢性期には、心拡大も無くなり、心陰影もシャープです。胸水ありませんね。

  心電図はなんと云っても、電気がLow voltage→High voltageと変化しております。よく見ると、(at ER)の時点で  V5,6のST-T変化はあり、もともと左室肥大的所見は、持っていたようです。

.

.

 

  心機能的にも、急性期 v.s. 慢性期では、左室の拡大/壁運動低下が、著明に改善していることが、心エコーで確認できました。


Ecg2627web

,
,

  この患者さんも、ERで診れば、全身浮腫を呈し、呼吸苦が有りの、レントゲンを撮れば、たっぷりと胸水が有り、低電位(Low voltage)は十分説明ができます。

  しかし、これだけ改善するとは、私はびっくりしました。

.

.

  最初に述べたように、この変化がアルコール心筋症のみで説明出来るのか、否かは定かではありません。確定の方法はないんです。

  ただ、この方はその後はアルコールを飲まれず、心不全発作も再発しておりません。

  ERで、低電位を見たら、そして患者が心不全症候を示していたら、このような物語を持っている可能性を、知っておいて下さい。

 .

.

«ECG-262:60才代男性。呼吸苦で倒れました。

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ

危険な心電図 本

  • 築島直紀: 危ない心電図の見分け方