2017年5月21日 (日)

ECG-238:answer

 70才代女性の心電図で、悩みました。 

Ecg238qforweb

II, III, aVF で明らかなQ波があります。STも少し上昇してます。

aVL でのST低下。ミラーイメージでしょうか。

V5,6でのQ波あります。でも、異常Q波とまでは云えない。

 左室肥大を思わせる高電位はありません。

 冠動脈造影を行いました。狭窄性病変はありませんでした。

 左室造影です。過収縮の状況です。

Ecg238lvgforweb

 

 Q波の出現は、左心室の総合ベクトルが、その測定部位より離れていくのを記録しています。その成因としては、

* 測定部位が、なんらかの心筋虚血により起電力を失っている。

* 対側の心筋肥大が著明で、電位が引っ張られている。

 のどちらかに、ほぼ収攣します。

 心筋シンチは、相対的な心筋からの放射線量のカウントを表示します。

 血流が減ると、perfusion defectとして表現されます。

* 心筋虚血があれば、放射線の集積が減ります。

* 局在性の肥大があれば、そこに放射線集積され、対側の正常部位がが相対的にカウントが減ります。

 肥大部の集積亢進心筋灌流増加。非肥大部に比べ相対的に集積が高く見えるため。

Ecg238forweb

Ecg238lvgforweb_2

 

  もう一回、心電図に戻ります。 

Ecg238forweb_2





 この幅広く、II 誘導まできっちりとあるQ波は、普通は陳旧性下壁梗塞をイメージさせます。他に、考えにくい。

 でも今回の症例は、

 明らかなACSとしてのエピソードがない。

 冠動脈造影では、intact

 左室造影は、左室肥大による過収縮を示唆する。

 心筋シンチでも、左室壁運動は良好。

 下後壁の虚血か、非対称性肥大での下後壁Uptake減少。

 など、HCMとしてのQ波ではないか!と 思わせる所見続出です。

【幅広いII,III,aVFQ波でも、虚血性心疾患でないことがある・・・のでしょうか。。】

 正直、確信が持てないんです(-_-;*)

 こんなこともある、と云う症例提示でした。

. 

.

.

 

2017年5月20日 (土)

ECG-238:70才代女性。II, III, aVFの異常Q波ですが。。

70才代の元気な女性です。

 心電図を見て下さい。

 II, III, aVFに、Q波がありますね。解釈に困りました。

Question:外来定期受診時の心電図です。どうしましょうか?

Ecg23812forweb

クリックすると、ECGが拡大します。

«ECG-237:answer

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

危険な心電図 本

  • 築島直紀: 危ない心電図の見分け方